規則正しい生活は、難しいと思っていたけれど…。

気持ちが体に付いていかない時。
反対に体が気持ちに付いていかない時。
若いときは微塵も感じなかったし、気付きもしなかった…。

それが、主婦であり、母であり、妻でもある自分をこなしていかなければならなくなってから、年齢と共に感じるようになり、疲れやストレスが溜まると気持ちか体力のどちらかが、ついていかない…。

そんな時はゆっくり休もう!
楽しみを作ろう!
一人になろう!
どれも思うようにはいかず、どうしたら良いのだろうと考えるようになりました。

色々と試行錯誤してみたり、それでも分からなくて母親に相談してみました。
母親には心配かけたくなかったので、相談しないようにしていましたが、私を育ててくれたのは両親。
特に母親は体の事は一番よく分かってくれていると思うので。
母親に話してみると、一言。
「規則正しい生活が基本。」食事や運動も大切ですが、特に大切なのは睡眠時間だそうです。
これは私の場合ですが、ついつい遅くまで起きてしまうんですね…。
それから、色々と体に良いものを探してくれたり、教えてくれて助けてもらっています。母親って凄い!

母親は、年齢と共に体力が落ちてくよ〜!と。
母親から見た私はまだまだ若い!まだまだだと、言っています。

規則正しい生活は無理だと思っていましたが、意識してやってみると少しずつ慣れてきて、体か気持ちが疲れた時は、睡眠時間を沢山取るとスッキリするようになりました。

規則正しい生活は、難しいと思っていたけれど…。

電気高温に関する時について学んだ

電気高温について研究をしました。放出された電子は導線を通って銅板身の回りへ運転し、銅板身の回りでは2個の水素イオンが電子を受け取って水素となります。したがって導線を去る電流の道筋は、銅板(+極)から亜鉛板(−極)となります。硝酸銀水溶液に銅を混ぜると、銀イオンが銀原子となって析出し、銅原子が銅イオンになるにつれて液のカラーが青色(銅イオンのカラー)になります(銀と比較してイオン化ぎみの著しい1個の銅原子が電子を2個あて銅イオンとなり、2個の銀イオンは電子を一つずつ受け取って銀原子となります。)。水素と酸素の化合によって電気高温を差し出すことができます。作動後にできる物は水のみで、有害な物ができないことから、クリーンな高温キャピタルとして期待されている。高温が移り変わっている。電気高温に関することを覚えましたが、今まで断じて学んだ言動の乏しいことを知れて良かったなと思いました。

電気高温に関する時について学んだ