CPUグリスで古臭いデスクHOMEパソコンの修復達成

メインの端末の概況があんまり良くないので、寝かせていた昔の遊戯用の端末を控え機に引っ張り出してメインタイミングを内方清掃してOSから入れなおす事態に。
ですが控えタイミングの電源を久々に入れてみると妙にもっさりとした挙動の結果、案件を開けてみるとほこりなどがとっても一大事態に。
一切吹き飛ばして見るものの変わらず、念のためCPU空調の詰まりをチェックしてみると弊害を開拓。
空調自体は何も問題ありませんでしたが、CPUとヒートシンクのグリスが乾ききってヒビだらけになっていました。
メインタイミングを正常に目指すのに控えタイミングからアプローチを入れないといけないことにダメージしつつもCPUグリスを取得。

グリスも何かとありますが、定格でしか動かさないので一番安いグリスで大丈夫。
週周囲使えれば良いので適当に古くさいグリスを落として少々のっけて運営しめ。電源注入後半見違えるようにキビキビとした挙動に再建しました。
グリスを豆粒周囲乗せただけで劇的に変わるんだから、端末も結局ただの道具だよなあと思いつつ、メインタイミングまではアプローチが届かずにしめ。
来週まで手入れはお預け。

CPUグリスで古臭いデスクHOMEパソコンの修復達成