治療不可能とされてきた難病患者がiPS細胞に救われる?

iPS細胞の臨床応用として網膜の手術が知られていますが、次はパーキンソン病に応用されるかも知れないそうです。
パーキンソン病は、海外の有名な俳優が患ったことで広く知られるようになりましたが、脳が体に運動するよう出す指令がうまく伝わらないという病気で、根本的な治療法は存在しない難病です。
この病気は、脳内の「ドーパミン産生細胞」という神経細胞が機能しなくなるのが原因で発症するそうですが、iPS細胞からこの神経細胞をつくって患者の脳に移植するという研究が、京都大学のiPS細胞研究所で進められています。
既に技術的にはいつでも臨床応用できる状態で、あとは治療計画の審査が通るのを待つだけということです。
こうして少しずつですが、今まで治療不可能と考えられてきた難病が、iPS細胞によって根本治療が可能になってきているというニュースを聞くと、未来に明るい一筋の光が見えるように感じます。
妻が遺伝性の緑内障で、将来失明するのではという不安を抱えているのですが、もしかしたらiPS細胞が救ってくれることになるかも知れません。キャッシング会社

治療不可能とされてきた難病患者がiPS細胞に救われる?